As a Choreographer

「紫川近くより 砂金の踊り」(2016)

八作目の振付作品。

ダンサー・振付家 西岡樹里との共作・共演。
川があるところに砂金の踊りあり。幼少よりダンスと共に生きてきた二人の異なる身体を使って、砂金を探すようにダンスを探し得ようとする試み。

砂金の事がふと思い浮かんだ。砂金の探し方とダンスの探し方は、私達にとってどこか似ている。「砂金は比重が大きいので川底に露出し続けることは無い。川に目星をつけ砂がたまりやすい層を探す。鍬などで砂を掘り起こし揺り板で丹念に流水を使って洗い流しながら砂金を選別する。熟練者でも1日がかりで得られる金の量はわずか (Wikipedia 参照) 」

2016 木村玲奈 × 西岡樹里 「紫川近くより 砂金の踊り」


dance of alluvial gold2016

The eighth work that I choreographed.

I collaborated with scenario Dancer/Choreographer Juri Nishioka.
This is an attempt to find a dance looks like search alluvial gold using two different bodies living with dance from childhood. 

2016 北九州まなびと ESD ステーション (福岡) / 北九州芸術劇場ダンスダイブウィーク『DANCE 20min』
振付・出演:西岡樹里  木村玲奈
2016 Kitakyusyu Manabito ESD station (Fukuoka)
Kitakyusyu Performing Art Center Dance Dive Week ‘DANCE20min.’ 
Choreographed and danced by Juri Nishioka Reina Kimura
Duration: 20 min 

2016 北九州 紫川にて KitaKyusyu Murasaki River
2016 北九州 まなびと ESD ステーション Kitakyusyu Manabito ESD station

2016 スタジオフラヌール (神戸, 兵庫)/ 木村玲奈・西岡樹里 小公演 
協力:田添幹雄  スタジオフラヌール  DANCE BOX
2016 studio flaneur (Kobe, Hyogo) Rena Kimura & Juri Nishioka small performance
Organized by Rena Kimura & Juri Nishioka
Special Thanks Mikio Tazoe   studio flaneur  DANCE BOX 
Duration: 20 min