As a Choreographer

「接点」(2017 – )

十一作目の振付作品。

「接点」は、土地や建築物、人、ダンスとの接点を持つため、装置(振付)を使用しながら、生まれた時の重さに値する砂を公演会場へ落としていくダンス作品である。ダンサーの身体が会場に無い時は、装置という振付と、砂という時間が展示される。初演は木村のソロ作品として2017 年に生活工房 / 東京にて11日間1日2回(計22回)上演された 。22回の上演を通して、本番は人生(日常+ダンス)の一部分を切り取ったものだということを再確認した。誰ひとり見ていなくても本番はやってくる。2019年、「接点」という振付・作品を今まで接点のなかった年代、バックグラウンド、活動拠点の異なるダンサー数名へ渡し、2017年から「接点」をこの場所でと考えていたHa-Ha apartment (京都)で6日 (計12回) 連続上演を行った。各ダンサーの新たな魅力を引き出しなが ら、ダンサー・観客に対してダンスの概念を広げるきっかけをつくることを試みた。
2019 創作ブログ : 接点 京都

この作品は私にとって新たなダンスを生むプロセスのひとつであり、新たなダンスの提示方法でもある。

Photo by Reina Kimura


“Contact point” (2017 – )

The eleventh work that I choreographed.

“Contact point” was created in 2017 as a solo work by myself. This dance piece uses the apparatus (choreography) to drop the sand worthy of own birth weight into the performance space, as it has contact points with land, buildings, people, and dance. When the dancer’s body is not in the venue, the choreography called the apparatus and the sand time will be on display. In 2019 I offered to dancers who are various age, background, and activity bases. They have not had contact with me before, this time was first ‘contact point’. Since our bases were each different, we were trying to make a piece together with a choreography while staying away.

This piece is one of the processes for creating a new dance for me, and it is also a way of presenting a new dance.

2017 世田谷文化生活情報センター 生活工房
振付・出演:木村玲奈 
衣装:今尾秀子
協力:岸井大輔 / アーティスト集団「始末をかく」/ 田添幹雄
2017 Setagaya Lifestyle Design Center 4F, Tokyo
Choreographed and danced by Reina Kimura 
Costume by Hideko Imao
Special Thanks Daisuke Kishii / Artist group ‘Shimatsu wo kaku’ / Mikio Tazoe
Duration: 60 min 

接点 contact point  / Setagaya Lifestyle Design Center, Tokyo / 2017.3.18 matinee

2018 RAFT(東京) flatplatkitekite 2018
振付 出演 : 木村玲奈 
スペシャルサンクス : 来住真太 KENTARO!! 
2018 RAFT (Tokyo Japan) flatplatkitekite 2018
Choreographed, danced by Reina Kimura
Special Thanks Shinta Raiju KENTARO!!
Duration : 20 min 


接点京都 創作プロセス
振付書、生まれた時の重さの砂を各ダンサーへ送る。それぞれと個別に遠隔で連絡を取りながらクリエーション。木村が立ち会う稽古やリハーサルは無い状態、かつ振付である装置に触れるのは本番当日のみで一度きりの「接点」を踊っていただいた。
“Contact point” Kyoto / Creation process
Send the choreograph and the weight of the sand when born to each dancer. Creation while contacting each one remotely. Each Dancers, there is no training or rehearsal with Kimura attends. It is only on the performance day that the choreography device is touched. Each dancer danced the “contact point” only once in perfoemance.

2019 Ha-Ha apartment (京都)
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019 フリンジ「オープンエントリー作品」
振付・出演:木村玲奈  
ゲストダンサー:児玉 北斗 斉藤 綾子 坂本 公成 敷地 理 雪 雄子
写真撮影:田添幹雄 皆藤将   制作協力:橋本麻希
助成:公益財団法人セゾン文化財団 
2019 Ha-Ha apartment (Kyoto,Japan)
KYOTO EXPERIMENT 2019 Fringe Open Entry Performance
Choreographed and Danced by Reina Kimura
Guest Dancers: Hokuto Kodama Ayako Saitoh Kosei Sakamoto Osamu Shikichi Yuko Yuki
Photo by Mikio Tazoe, Masaru Kaido
Cooperation by Maki Hashimoto
Duration 60 min  

2019.10.18 「接点」のなか / 撮影:木村玲奈
2019.10.20 (13:22) 「接点」装置 (振付) のメンテナンス