As a Choreographer

「あと」(2018)

十三作目の振付作品。 

からだとメディア研究室 主催「から研ダンスフェス vol.1 」に参加。
せんだいメディアテークの1階 オープンスクエアで4面からお客様に見ていただくことを想定し創作したソロ作品。クリエーション期間は三ヶ月、振付家として自分の身体を素材として調べ、同時にダンサーとし て踊ること続けた。素材としての自分の身体はとても扱いにくく、振付家としての私は、自発的な動きに興味を持てなかった。自分の身体が最大限活きる振付を模索した結果、私は70メートルの ロープと踊ることになった。ロープが振付であり、主役である作品。

matinee Photo by 越後谷出 / 2018 Sendai Mediatheque
soiree Photo by 越後谷出 / 2018 Sendai Mediatheque


ato(2018)

The thirteenth work that I choreographed.
Title ‘ato’ includes various meanings such as traces and later.
It was expressed in sendai mediatheque at The Body Research Dance Festivai vol.1. This is a solo work created on the assumption that it can be seen by the audience from the 4 sides in open square.
Creation period is three months. I began as a choreographer by studying my body as a material.My body as a material was very difficult to handle, and as a choreographer, I was not interested in my voluntary movements. As a result of searching for choreography that my body is maximally active, I danced with a 70 meter rope. The rope is choreography and main. 

2018 せんだいメディアテーク (宮城)
 振付・出演 木村玲奈
音楽 堤田祐史
2018 Sendai Mediatheque (Miyagi, Japan)
 Choreographed, danced by Reina Kimura
 Music by Yuji Tsutsumida
Duration : 15 min 

2018 「あと」’ato’  matinee
2018 「あと」’ato’  matinee
2018 「あと」’ato’  soiree
2018 「あと」’ato’  soiree

2020 池上会館 展示ホール (東京)
振付・出演 木村玲奈
音楽 堤田祐史
スペシャルサンクス 武元賀寿子 三浦あさ子
2020 Ikegami Hall (Tokyo, Japan)
Choreographed, danced by Reina Kimura
Music by Yuji Tsutsumida
Special Thanks Kazco Takemoto Asako Miura
Duration : 15 min 

Photo by 大洞 博靖 / 2020 池上会館 東京