As a Choreographer

「プライベートレジデンスプロジェクト」(2018 – )

2018年3月、友人の制作者 藤澤智徳君に「長野の実家に作品を作りに来てほしい」と言われ、5月にプレ滞在として5日間 藤澤君の実家に滞在。その後、2021年度までの3年間のプロジェクトとして契約書を交わす。2019年11月、初年度の7日間のレジデンスを実施。そこで藤澤君 に「簡単に作品を作ってほしくない。契約を最長6年まで延ばしても構わない」と言われる。作品が求められていない・創作できる環境・状況ではない場所で、振付家として何ができるのか、何を残そうとするのか、先が全く読めない新しい形のアーティスト・イン・レジデンス。 

企画・主催:藤澤智徳
財源:藤澤智徳 (個人資金)
2018  プレ滞在 記録    2018  diary  of  pre-stay
2019  滞在1年目 記録   2019  diary of 1st year’s residency 



Private Residence Project(2018 – )

In March 2018, my friend, Producer Tomonori Fujisawa asked me, “Can you come to my Nagano Prefecture parents’ house as a choreographer to make your work ?”,  In May of the same year, I stayed at Fujisawa-kun’s parents’ house for five days as a pre-stay.  After that, we signed a contract as a project for three years until 2021. In November 2019, we did seven-days residency for the first year in Nagano prefecture. In that time Fujisawa-kun said, “I don’t want you to make a work easily. You can extend the contract for up to 6 years.”A new form of artist-in-residence that is completely unreadable.

Planning and sponsorship: Tomonori Fujisawa
Funding: Tomonori Fujisawa (private fund)
2018  pre-stay
2019  1st year’s residency