As a Choreographer

「アパートメント」(2013)

二作目の振付作品。

日常生活の中での身体のポジションや在り方を観察している。訓練してきたこと、挑戦してきたこと、怠けてきたこと、良かったことも悪かったことも全てが自分の身体の歴史。誰もが自分の歴史と共に生きているけれど、でも私はたまにその歴史に反発したり、隠そうとしたりしてきた。そんな歴史や身体と向き合い、踊る身体と日常の身体を行ったり来たりする作品。2013年 Art Theater dB Kobeにて木村自身のソロ作品として発表。

2013 Art Theater dB Kobe (兵庫)
振付・出演:木村玲奈

2013/11/23 「アパートメント」ゲネプロ / Art Theater dB Kobe (兵庫)


“Apartment” (2013)

The second work that I choreographed.

I have been observing the body of positions and ways of being in the everyday life. I’ve been training…I have challenged… I’ve been slacking off… it was good things…it was bad things…all of them, is the history of my body. Everyone is living with their own history, however, I occasionally, to rebound to its history, I hid its history. This work is facing with such history and body, is the work that come and go everyday life body and dancing body. 

2013 Art Theater dB Kobe 
Choreographed and Danced by Reina Kimura
Duration:20min