news

◆期間限定映像公開・創作参加へのお誘い◆

10/1から10/31までの1ヶ月間、2012年から継続している振付作品「どこかで生まれて、どこかで暮らす。」(2020.3.15 別府ブルーバード劇場3F) 記録映像を公開します。今年の3/1-3/15 大分県別府市にて自主滞在制作を企画し(助成:公益財団法人セゾン文化財団) 伺った際の成果発表公演最終日の記録映像となります。
別府から戻ってすぐ自粛期間が始まり、ミーティングや様々なことをオンラインへ移行せざるおえなくなったことへの憤りや、戸惑いを抱えながら、そして生でダンスを通して時間を共に過ごしたいという強い思いを今も1番に持ちながら、自分なりにオンラインとの関わり方を探る時間が続いています。今まで8年間「どこかで生まれて、どこかで暮らす。」の全編映像を公開したことはありません。2012年からほぼ振付や構成を変えず(訪れる土地それぞれの要素やシーンは加えながら)、プロジェクトメンバーであるダンサー5名、美術家1名と共に、神戸、青森、横浜、東京、城崎、香港、豊橋、別府へと移動し、土地、出会った方々と交わりながら、そして自分たちの身体や思考と随時向き合う時間を持つことで作品を育ててきました。別府での上演は、多くの方に観ていただきたかったけれど、感染症下で叶わなかった時間でもありました。ですので、今、「観てみたい」と思われる方に公開することとし、そしてせっかくなら創作にも参加していただこうと考えました。

「どこかで生まれて、どこかで暮らす。」は以下の二つの質問をダンサーに投げかけることからいつも創作を始めています。
①「あなたがかえりたい場所はどこですか?」
②「あなたがいまいる場所はどんなところですか?」

映像を「観てみたい」方は、

件名: どこうま
本文: お名前、職業、年齢(年齢は書きたくない方は明記不要)
上記の①②の質問の答え を(注: 質問の「場所」は、抽象的な場所や実際の場所等、人によって様々) 

017kimura@gmail.com

へお送りください。木村玲奈から直接、映像リンクをメールで送らせていただきます。このような一見めんどうなオンライン上のやりとりが、私の創作と繋がっていき、集う場のひとつになっていくと考えています。上記方法で創作に参加しても良いという方で映像を観たい方は、是非メールください。
お待ちしています。

創作ブログ こちら

【Limited time video release / invitation to participate in creation】

The choreography work (2012-) “born somewhere, live somewhere.” (2020.3.15 Beppu Bluebird Theater 3F) will be Limited time video release for a month from October 1st to October 31st. This is a recorded video of the final day of the performance when we planned and visited an independent residence production in Beppu City, Oita Prefecture on March 1 -15 of this year(Supported by Saison Foundation) .

Immediately after returning from Beppu, the period of self-restraint began, and now I have a strong desire to spend time together through live dance, with confusion about having to move meetings and various things online. But I continue to spend time exploring how to interact with online in my own way. I haven’t published the full video of “born somewhere, live somewhere” for eight years. With almost no change in choreography or composition since 2012 (while adding elements and scenes for each land visited), along with 5 dancers and 1 artist who participated, Kobe, Aomori, Yokohama, Tokyo, Kinosaki, Hong Kong, Toyohashi and Beppu, we have grown our work by moving to there, interacting with the land and the people we met, and having time to continue to feel our bodies and thoughts. The performance in Beppu was a time that we hoped many people to see, but it was difficult situation under the influence of coronavirus infection. Therefore, I decided to open it to those who would like to see it now. And I invite you to our creation.

“born somewhere, live somewhere” always begins by asking the dancers the following two questions.
① “Where is the place you want to return?”
② “What kind of place are you in now?”

For those who “want to see” the video

Email Subject: video
Email Body: Name, occupation, age (If you do not want to write the age, you do not need to specify it)
Answers to the above questions ① and ② (Note: The “place” of the question varies from person to person, such as an abstract place or an actual place)

Please send to
017kimura@gmail.com

Reina Kimura will send you an email to send you a video link directly.I think that such seemingly troublesome online exchanges will lead to my creations and become one of the places to gather. If you are willing to participate in the creation by the above method and would like to see the video, please email me.
I look forward to meet you.